ほめ育についてHome Iku

ほめ育

ほめ育とは「ほめて育てる教育」のことを言います。
ただ「すごいね」「よくできたね」と言葉をかけてあげるのではなく、

ほめることが「教育(成長)」につながるかどうか、というところが大きなポイントになってきます。そして、教育をする上で「しつけ」の部分も大切です。
良い所は褒め、悪い所は基準をもってしかる。そうして、しつけが行き届いた子どもたちは、利他の心が根付き、子ども自身が自立し、自ら進んで行動できる人に成長します。
なにより、私達保育者や保護者が、子ども一人ひとりの存在を認め、子どもの可能性を信じ、子どもに愛情をいっぱい注いであげることが大切です。

「ほめ育5つのポイント

  • ポイント1…子どものファンになる
  • ポイント2…子どもの無限の可能性を信じる
  • ポイント3…愛情をあふれさせてあげる
  • ポイント4…いつでも味方、安全地帯を作る
  • ポイント5…自己肯定感を育む

子どもほめ育10箇条

  1. 子どもをよく知ることが「ほめ育」の第一歩
  2. 主語を「私」から「子ども」に変えて考えれば、もっと共感できる
  3. 「好結果」ではなく、そこに至る「過程」もほめよう
  4. 「お世辞」と「ほめ言葉」は別物と心得よう
  5. 探すのは「ありがとう」「すごいね」の成長
  6. 「恥ずかしい!」なんて言わないで!思いが届くまで何度でもほめよう
  7. ほめることで、居場所(戻れる場所)を作ってあげよう
  8. 愛情があれば「叱る」だって「ほめる」になる
  9. 「ほめる」の反対語は「叱る」ではなく「比べる」
  10. 基準を決めて、感情に流されずにほめよう

詳しくは「一般財団法人 ほめ育財団」のホームページをご参照ください。

一般財団法人 ほめ育財団 – https://ho-make.com/