園について

保育環境

*

    

木のぬくもりと太陽の光が溢れる園舎

子どもたちが過ごす園舎は、明るく、楽しく、清潔で、

安心してのびのび遊べることが大切だと考えます。

保育室はもちろん、ウッドデッキやテラスにもぬくもりを感じられる木を使用し、できるだけ自然光を感じられるよう大きな窓を採用しています。

子どもたちが安心して毎日をすごせるアットホームで落ち着けるような空間づくりを心掛けています。

    

自然と一緒に大きくなろう

開放的な室内空間からふと目を外に向けると、広々とした園庭では、今日も子どもたちが元気いっぱい走り回っています。

大阪の山々が一望でき、四季により移り変わる景色を見ながら、子どもたちも大きく成長していきます。

園からも眺められる金剛山へは、月1回登山に行きます。

また、自然を肌で感じることができる当園ならではの取り組みとして、畑での菜園活動も取り入れています。

「お米ってこうやってできるんだ!」「自分で育てた野菜ってこんなにおいしいんだ!」などなど、自然からたくさんのことを学び、感謝の心を育んでいます。

げんきあふれる職員集団を目指して

子どもたちにとって、私たち職員は大切な環境のひとつ。

子どもたちと共に自身も成長し、保護者のみなさまと協力しながら、一緒に子どもの成長を見守っていくよいパートナーでありたいと思っています。

げんき保育園にふさわしく、げんきあふれる職員集団でありたいと考え、子どもたち、保護者のみなさま、地域の方々にもっと喜んでもらえることを常に考え、理屈ではなく体を使って”とにかく やってみる”をモットーに、更なる一歩を進んでいきます。

Copyright social welfare corporation CHIHAYAAKASAKA FUKUSHIKAI All rights reserved.